注目の記事 PICK UP!

忙殺から抜けられない経営者が一番最初にすること

一生懸命に人より長い時間働けば、利益は後からついてくる?

「忙しくて時間がないよ~」
「昨日も仕事終わったの日付が変わる前だったよ~」
「すっと休みなしだよ~」
「仕事が趣味だから~」

休む暇もなく忙しく働いていることを、自慢気にいう人。
休みもなく働く自分を評価する経営者。

あなたの周りにもこういう社長いませんか?
もしかしてあなたもこんなこと言ってるかもしれませんね。
だとするとそれは
「私はできない社長です!」
と宣言してるのと同じです。

経営者は、働く時間を基準に考えるべきではありません。

基準にすべきは「利益につながる生産的な活動」です。
つまり社長の仕事をするということ。

働く時間を減らして収益を上げる?

世の中のビジネスオーナーのほとんどが一日たったの40分しか
生産的な時間を過ごしていないというデータがあります。
8時間働くとして、あとの7時間20分は利益に関係のない時間を過ごしていることになります。

10の成果を出すのに100時間かかっている状態を、いかにして10時間に短縮できるか?
その方法を考えることが経営者の仕事です。

どうすればビジネスと時間をコントロールできるか?

そのために最初にやるべきことがあります。

忙殺から抜け出すための第一歩「価値観を見直す」

まず、長時間働いている状態を「頑張っている自分」ではなく
「良くない状態」と評価するマインドを持つことが重要です。

長時間働いて儲けている=頑張っている

この思考は、経営者としてはレベルの高い状態とは言えません。

短時間で儲けている=効率よくビジネスが回っている理想の状態

この思考にチェンジしないといけません。

 

経営者は、長時間働くこと=素晴らしいことではありません。
長時間働かないと会社が回らないその状態は、10点満点でいえば2点です。

2点です。

非常に単純ですが、そのマインドを持つだけで、状況は大きく変わり始めます。

まずは、このマインドチェンジを意識してみてください。

本来は、あなたがビジネスのオーナーであるはずです。
しかし多くのビジネスオーナーが、ビジネスの奴隷になっています。

忙しいとは心を亡くすと書きます。

あなたはビジネスオーナーですか?それともビジネスがあなたのオーナですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP