注目の記事 PICK UP!

無煙ロースターで気づいた、おばあちゃんでも売れる仕組み

From:榊原 靖
@自宅の書斎から。

コロナ自粛生活1か月経ったころの話。

私「もう限界、焼肉が食べたい・・・」

外食にも、ながらく行っていない。
家の食事もおいしいけど、たまには大好きな焼肉屋さんに行きたいね。
そんな、たわいもない嫁との会話からの一言。

大好きなあのお店の料理を食べたい。
あなたも、自粛中そんな欲求にかられたのではないだろうか?

それから数日後、その焼肉屋さんの前を通ると「持ち帰りOK」の看板!
すぐさまUターンしてお店へ入店。

榊原「持ち帰りいけますか!?」
店員「もちろんいけますよ」

ということで、いつものお気に入りを注文して家に帰った。

喜ぶ嫁。
いや違う、めちゃくちゃ喜ぶ嫁。

念願の焼肉のはずが・・

その晩、ホットプレートを用意して、いざ、自粛焼き肉がスタートした。

肉が焼き上がり、待ちきれんとばかりに口に運ぶ。

う、うまい!
やっぱり、ここの焼き肉はう、う、うまい?
あれ?
こんな感じだったかな?

明らかに、いつもと違う肉の味。

何故だ?
家族の間に、不穏な空気が流れる。
そこから先は、控えめな「おいしいね」の中で静かに自粛焼肉は幕を閉じた。

なぜだ!!?
肉の質が落ちたのか!?
いや違う。
肉は見るからにオイシそうだった

タレか?
これも違う。
お店のたれをもらってきた。

焼き方か?
いや、いつも通りの焼き加減で食べたはず。

この残念焼き肉会の真犯人を絞り込んでいく。
残るは一人・・・

犯人はあいつ・・・

ホットプレートだ!

という事で、アマゾンで最も評価の高かったアラジンの無煙ロースターを速攻で注文。
到着と同時にリベンジを挑んだ。

運命の自粛焼肉再戦

肉もタレも準備万端。
あとは、アラジンを信じて焼くだけだ。
じっくり上からの熱で焼くことで、煙も出ない構造らしい。
うむ、偽りなし。
しかも、ゆっくり静かに焼けていくので、焦がすことなくうまく焼ける。

そして、肉は焼きあがった。

少し緊張しながら口へ運ぶ。



う、うまい・・・

人は本当においしいものを食べたときは大騒ぎしない。
静かに噛みしめる最高の味。

私「焼肉屋さん超えてもた」

静かにうなずく嫁。
最高の買い物をしたと褒められた。
うれしかった・・・
このロースターがあれば、誰が焼いても焼肉屋並みにおいしい焼肉を、自宅で食べることが出来る。

そういえば昔、テレビで聞いたことがあった。

肉は「焼き」で味が変わる。
炭火を使って、網の上で余分な脂を落として焼くのがいいらしい。
しかも、その焼き加減が味を左右する。
スーパーの肉でも、焼き方次第で高級焼き肉店並みの味に出来るらしい。

昔、知り合いの料理人を行きつけの焼肉屋に連れて行った時。
完璧な焼き加減で肉奉行をしてくれた。
その時の味は、いつものの焼肉屋が、高級焼き肉店に変わったかと思うほど旨かった。

この焼肉事件・・・会社でも同じでは?

これは、会社でいう「営業」「集客」でも同じではないだろうか?

いくら良い商品(肉)があっても、売り方(焼き方)が下手くそでは、売れない(おいしくならない)
たまたま、売り方がうまい営業マンがいたとしても、退職すれば終わり。

会社にとって、本当に必要なのは良い商品や、良い営業マンではなく(もちろん悪い商品はダメだけど)誰でも、同じように売れるよう仕組みではないだろうか?

良い商品や、上手な営業マンに頼り切っている限り、安定的な売上はいつまでたっても手に入れることはできない。

だれが焼いてもおいしくなるロースター。

このロースター。
あなたの会社で言えば、何に当たるだろう?

その答えが、あなたの会社の営業マン問題を解決してくれるかもしれない。

PS:「良い営業マン」を探し続けても、育て続けても意味がないような気がする。目指すべきは、「おばあちゃんでも売れる」ことではないだろうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP